妊娠線予防のために

*

妊娠線は予防できるの?

妊娠線は出産する女性にとっては、その後の大きな悩みともなるものですね。中には、もう気にしないという人もいるでしょう。でもやっぱりおなかにいくつもの線が残ってしまうのは悲しいですね。

妊娠線は妊娠が分かった段階からでもきちんとケアすることで予防することもできます。一度できてしまった妊娠線を消すということはとても難しいことになってしまいます。

妊娠線を予防するためにはどうしたらよいのでしょうか。まずは妊娠線のできやすい人ということを考えてみると予防の方法もわかってきます。


妊娠線のできやすい人とは?

m004-035

妊娠線のできやすい人は、どのような人なのでしょうか?それは、

  • 経産婦さん
  • もともと太り気味な人
  • 小柄な人
  • お腹の赤ちゃんが双子以上の人
  • 乾燥肌の人
  • 栄養状態が悪い人

といったような人が妊娠線のできやすい人として挙げられます。簡単に説明するとお腹が大きくなりやすいということになります。

太った人の場合には、皮下脂肪が厚くなっているために肌が伸びにくいということになります。逆に小柄な人の場合にはお腹の赤ちゃんが大きくなるにつれて急激にお腹が大きくなってしまい、肌の伸びがついていかなくなってしまうということになります。

また、乾燥肌の人は肌に弾力がなく伸びにくかったり栄養状態の悪い人は皮膚の伸びがとても悪くなってしまっているために妊娠線ができやすくなります。

思い当たる人も多いでしょうが、必ずしもこういった誰もが妊娠線ができるということはありません。きちんと肌をケアしてお腹の赤ちゃんの成長に合わせて肌が伸びやすい状態にしてあげれば大丈夫です。

つまり妊娠線の予防というのは肌をケアしてあげるということになってきます。


妊娠線予防のためのクリーム!

妊娠線を予防する場合にはどのような方法があるのでしょうか? 一般的な方法としては妊娠線予防用のクリームを使用するということになります。

でも必ずしも妊娠線予防用のクリームを使用しなければならないということはありません。オリーブオイルを使ってお腹のマッサージをしたり、普段から使用している保湿クリームを使用するといった方法もあります。

例えば乾燥肌で困っているような人は妊娠線もできやすくなりますから、おなかが目立つまではしっかり保湿しておく。お腹が大きくなってくるのに合わせて妊娠線予防用のクリームに切り替えるといった方法もあるでしょう。

とはいえ、多くの妊婦さんが妊娠線予防用のクリームを使用して妊娠線を予防しています。

売れているおすすめの専用クリームが、これ。なぜ売れているのか?


妊娠線予防用のクリームとは?

m004-035

妊娠線予防用のクリームは保湿クリームなどと何か違いがあるのでしょうか? それは、

  • 浸透性
  • 妊婦さんが安心して使用できる

といったことが配慮されているクリームということになります。メーカーなどによって違ったものとなってきます。

でも、基本的には浸透性が良く真皮にまで浸透するクリームです。また、妊婦さんが安心して使用することができるよう無香料、無添加であるものもあります。こういったものが特徴となってきます。

妊娠線を予防する為にはお腹の皮膚がしっかり伸びてくれるようにやわらかい柔軟性のある皮膚にしていくということが大切になってきます。そのためにしっかり保湿してあげるということが大切ですね。

また、妊婦さんが使用するものですから安心・安全は絶対条件ですね。成分の安全性はもちろんですが、無香料であることはとても大事なことになります。

妊娠中に香りに敏感になるという人は多いですからね。無香料の物を使用することでより快適に使用することができます。

通常の保湿クリームなどと比較すると値段も高めのものが多くなっていますが、幅はかなりありますから使いやすいもの購入しやすいものを選択するようにしましょう。


妊娠線について学ぶ